スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Heimat_cov.jpg
「Heimat Rose ―繋囚―」(ガッシュ文庫)が発売になります。

イラスト:夢花李さま
発売日:2010.2.27頃
発売元:海王社

流刑島・ヴァルハイ。数年前から囚われの身であるチュールは、嵐の翌日、浜で怪我を負った高貴な美貌の青年・レイを助けた。無実の罪で流刑になったという彼は、自分を陥れた男への復讐のため島からの脱出を図る。「俺にできないことは、何もない」と、権謀をめぐらせ権力を手に入れていくレイ。その圧倒的な強さと垣間見せる優しさに魅せられ、チュールはレイを愛しはじめるが……。想うほどにせつなく、愛は残酷――珠玉のラブロマンス、ついに復活!

以前、アイスノベルズから出させていただいた、「はいまーとろーぜ」の文庫化になります。
レイ×チュールの書き下ろしの短編付き&イラストは夢花李先生のオール描き下ろしです。新作のレイやチュールに会える! っていうだけでも、既読のかたにも買っていただく価値があるかもv とっても素敵ですv

今後「Heimat Rose」は、書き下ろし&同人誌版をすべて再録して、全4冊になっての毎月連続刊行となります。そして4冊そろえていただいたかたにはささやかな全サもありますので、どうぞよろしくお願いいたします。
めずらしくファンタジーというか、歴史物っぽいような話なのですが、未読のかたもどうぞ引かないで、お手にとってやっていただけたら嬉しいです。読みづらいことはないように頑張ってます。
既にネット書店さんなどでは予約開始しているところもありますので、ご利用の方はチェックしてみてください。

来月は、この「Heimat Rose」の2冊目「寵愛」と、花降楼シリーズの新刊も出ます。また近くなったらご案内させていただきますねv

拍手・メール・お手紙などでの「花降楼」シリーズ、「ウサギ狩り」シリーズなどへのご感想、ありがとうございます。凄く嬉しいです。修羅場の励みにさせていただいておりますv 本当に時のたつのは早いもので、もうサイン会から1年以上たったんですね~。
「ドイツ語版」「台湾版」は日本で読めるのか? というお問い合わせをいただいたのですが、私もわからなかったので調べてみると、ドイツ語版はAmasonさんなどで通販できるようです。タイトルは「Kimono Boys」ってなってます。まんまや……。台湾版のほうはよくわかりませんでした……すみません。情報お持ちのかたがいらっしゃいましたらぜひ教えてください~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。