パピレスさんのキャンペーンについて、前回の日記ではあやふやなうえに正しくない記事を書いてしまっておりました。詳しく聞いてなかったのでよく理解しておらず、申し訳ありませんでした。
改めまして、ご案内です。
電子書店パピレスさんの5000万冊達成記念キャンペーンとして、花降楼シリーズ1冊目の「君も知らない邪恋の果てに」が、11/25(金)13:00~11/28(月)13:00のあいだ、無料配信されるそうです。(私の本ではキャンペーン対象になるのはこれ1冊のみのようです~。すみませんっ)よかったら、よろしくお願いいたします。
スマホだけではなく、他の携帯やPCでもたぶん読めるみたい? 私もPCでサンプルを見てみましたが、大丈夫でした~。
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。
また、昨日の記事では、1~7冊目までが配信されていると書きましたが、このたび8冊目の「愛しき爪の綾なす濡れごと」も配信開始されたようです。無料ではありませんが、よかったらこちらもよろしくお願いいたします。遊廓以外にも、ミミシリーズとかいろいろ配信されています~。

復活(笑)後、さっそく拍手コメントをくださったかた、ありがとうございます! 気にかけてくださっているかたもいると思うと、とても励みになります。ご心配おかけしてすみませんでした。新刊ゲット報告も、これから読みます報告も嬉しいですv よかったらまた感想なんかきかせていただけると……v
それでは、また。
koiwazurau.jpg
「恋煩う夜降ちの手遊び」(花丸文庫)が発売になりました。

イラスト:樹要さま
発売日:2011.11.18発売済
発売元:白泉社

俺とゲームをしませんか? 本気で惚れたほうが負け……そういう遊びです

多数の婦人票を集め初当選した美貌の三世議員・諏訪芳彦のもとに、吉原にある男の遊廓『花降楼』から一通の手紙が届いた。差出人の名前は藤野。心当たりのない諏訪は真相を確かめるべく見世を訪れ、その妓の正体が、諏訪の母親が贔屓にしていた呉服屋「葛屋」の幼い養子・真琴だと知る。愛らしかった真琴は、一家離散の果てに妖艶な娼妓・藤野へと成長していた。奈落から連れ出そうと、諏訪は身請けを申し出るが、「一生面倒を見るほど愛している」という身請けの意味ををわかっていない諏訪に真琴は拒絶を示す。大人気・花降楼シリーズ・待望の第十弾!!

やっと出ました~!!「花降楼シリーズ」ついに10冊目です!
2月とか3月とか、結果的に嘘ばかり予告することになってしまい、本当に申し訳ありませんでした。
拍手やメールでのお問い合わせにもお答えできておらず、それも本当に申し訳ありません。せめて発行遅延のご報告だけでもさせていただくべきでした。本当に本当にすみません。
ご心配、お問い合わせなどくださった皆様には、心からありがとうございます。
他社さんからもこの期間、何も出ておらず、私自身が消えてしまったかのように思われたかたもいらっしゃったと思います。……私自身もそんな気がしていました。
が、とりあえず復活です。これからは少しずつまた本も出る……はずですので、どうかよろしくお願いいたします。
そんでもって久しぶりに自分の新刊を手にとって、樹先生の素敵な表紙や中のイラストを眺めて、生き返ったような気持ちです。樹さんにもいろいろご迷惑をおかけして、本当にすみませんでした。

ところで、花降楼シリーズは、電子書店パピレスさんやいろいろなところで配信されている?のですが、このたび、パピレスさんがスマホ対応になったキャンペーンで、11月25日~27日の3日間無料でダウンロードできるらしいです。
たぶんスマホだけなのかな……よくわからないのですが、対応機種をお持ちで、最初のほうを読んでみたいかたは、この機にぜひダウンロードしてみてください。既に文庫でお持ちのかたでも、無料なので落として移動のお供にしていただくのもいいかも(笑)。
パピレスさんでは「君も知らない邪恋の果てに」(1冊目)から「白き褥の淫らな純愛」(7冊目)までが配信されています。よろしくお願いいたします。これまたご案内が遅くなってすみません。せめて目立つように色を変えてみた……。

最後になりましたが、私が消えていたあいだに拍手やメール、お手紙などで同人誌や商業誌のご感想などをくださった皆様、ありがとうございました。とても嬉しかったです。新刊のご感想をくださったかたも、ありがとうございます。藤野、気に入ってくださってよかった。ほっとしましたv
シリーズの今後については、なかなかお答えしにくい……(笑)すみません。惜しんでくださるかたには、本当に本当にありがとうございます。
CDの続きについては、藤野編との絡みがあるので椛編は10冊目が出てから……という話はだいぶ前に出ていたのですが、正式なオファーは今のところありません。あまりにも間が空いてしまったため、どうなるか……。出たら私としても嬉しいのですが、ちゃんとしたお答えができなくてすみません。

久しぶりなのでもっと書きたいことはあるのですが、長くなってしまったので、このへんで。
また新刊その他のご感想などお聞かせいただけましたら嬉しいです。