Heimat Rose寵愛
「Heimat Rose ―寵愛―」(ガッシュ文庫)が発売になりました。

イラスト:夢花李さま
発売日:2010.3.27頃
発売元:海王社

彼と一緒にいられるなら、未来に何が待っていてもかまわない――。レイと共に流刑島を脱したチュールは、レイが王族の血筋であることを知る。そして彼の敵は、美貌の公爵・フェルマノワール。
外国の貴族を騙り二人は都で身を隠していたが、ある日、レイがチュールを置いて姿を消す。探し出すあてもなく悲しみに暮れるチュールは、レイの生存を知ったフェルマノワールに捕らわれてしまい…!? 命を賭しても、守りたいものがある――緊迫のシリーズ第2弾!

ガッシュ文庫さんのHPに行ってみたら、凄いかっこいいフラッシュ? 動画? 作っていただいてて、物凄くびっくりしました!(いつもこうなんでしたっけ……?)本当に素敵なので、よかったら見てみてください。上のリンクから飛べます。
お話はここからが本番……という感じなので、1巻で疲れた人も、もうしばらくおつきあいいただけたら嬉しいです。イラストもますます素敵で超萌えなのですv

来月はシリーズ3冊目の「Heimat Rose -覇王-」と、樹要先生による花降楼コミカライズ3巻「愛で痴れる夜の純情・華園編」、そしてドラマCD第9段「愛しき爪の綾なす濡れごと」が出ます。
また近くなったらご案内しますね。

「たし甘き蜜の形代」のご感想ありがとうございます。嬉しいですv
そうそう、綺蝶は実は花梨に編み物習ってたんですねえ(笑)。
あと、岩崎さんがどうやって忍び込んだのかとか(笑)。岩崎さんは、綺蝶にちょっとだけは感謝してもいいのかもしれない(笑)
それから、鷹村の謎、最近突っ込まれることが多くなってきました。歳取らない(笑)。「実は機械」説が有力のようです(笑)
諏訪と藤野の話もあるので、いずれ書けるといいですね~。

都条例の件も、コメントありがとうございました。
なんとか継続審議に持ち込めましたが、油断はできません。決戦は6月ということになりそうですね。それまでに、またメールを送るとか、できることをやっていこうと思っています。
18日には、都議会に傍聴に行ってきました。いろいろと勉強になりました。こんな突っ込みどころ満載の改正案が、今にも通るところだったんだな、と思うと怖かったです。……というか、まだ危機は脱してませんが。
数の力があれば、何でも出来てしまうんですね。選挙、大事だなと思いました。
18日の詳しいレポートは、お友達のバーバラのブログに上げてくれているので、よかったら見てみてください。