スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hanazono.jpg
「愛で痴れる夜の純情・華園編」(白泉社花丸コミックス)が発売されました。

漫画:樹要さま
発売日:2010.4.19
発売元:白泉社

綺蝶と蜻蛉、感動のクライマックス!
いまから十数年前、売春防止法が廃止され、一等赤線地区が復活。
吉原は昔ながらの遊郭や高級娼館が再建され、かつての遊里としての姿を取り戻した。
その中でも一級の存在である男だけの廓・花降楼で双璧と謳われる綺蝶と蜻蛉。
禿の頃は仲睦まじかった二人だが、お互いの気持ちを素直に打ち明けられないまま、表向きは犬猿の仲として振る舞っていた。
そんな折、綺蝶が実は幼い頃に攫われた元華族の御曹司とわかり、花降楼から出ていくことになる。
綺蝶と離ればなれになってしまう辛さに耐えかね、蜻蛉は身請けの話を受けることにしたが、そのままではもう二度と綺蝶と逢えないかもしれないという現実を叩きつけられ、思いあまって足抜けを謀ってしまう。
失敗した蜻蛉を折檻する役を買って出たのは綺蝶で…!?

「愛で痴れる夜の純情」コミカライズ版3巻・完結編となります。
ついに終わってしまいましたね。出たこと自体は嬉しくもあり、やっぱり寂しくもあり……とても複雑ではあるのですが、ともかくとても素敵な本に仕上がっています。表紙のカラーも物凄く綺麗! 白無垢Hの描きおろしもありますv
樹要先生には、本当に長い間お疲れ様でした。ありがとうございましたと心から言いたいです。また何か企画が立つといいな……と夢のように思いつつ……。

拍手やメールなどで「たし甘き蜜の形代」と「Heimat Rose」のご感想、ありがとうございますv 出ないときは全然出ないのに、出るときは何故か纏めて出る(笑)。黒い岩崎さんが受けてて嬉しいです(笑)。鷹村も、愛されてるなあv

ところで、本当はここで都条例の件について書こうと思っていたのですが、何かちょっと状況変わった??? よく把握できないので、今日のところは保留に……申し訳ありません。
近日中にまた、ドラマCD「愛しき爪の綾なす濡れごと」と、「Heimat Rose -覇王-」(ガッシュ文庫)についてもご案内させていただきたいので、そのときにUPできればと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。